Body-Talk Topics(トピックス)

Body-Talk Topics バックナンバー

[2007年4月]

テーマ/15秒間でリフレッシュ_vol.4

 パソコンに長時間向かい合っていますと、眼の疲れ、肩のコリは著しく、息も詰めてしまいます。そこで、15秒間で疲れを取る自然体運動を紹介しましょう。

(1)肩の上げ下げ:まず「上げる」という意識は持たないで、「下げる」ことにイメージを集中しましょう。「上げる」イメージは筋緊張を生みますし、「下げる」というイメージはリラックスを促します。「ホッホッ…」と声を出す事が大切です。発声することによって、筋肉の内部に柔らかな微振動が起こり、筋肉を緩めると同時に、息が下りることで呼吸が深くなり、新陳代謝が良くなるからです。8回ぐらい行うと5秒間ほどになるでしょう。

(2)胴ぶるい:寒い時に、両手をこすり合わせますね。でも、手だけでは勿体ない。体ぐるみ血流をスムーズにするのが「胴ぶるい」です。左右の体を前後に、交互に擦り合わせて下さい。その際「ホッホッ…」と声を出します。その動きを素早く行えば、「胴ぶるい」になります。声は「アー」です。

(3)首まわし:首は重い頭を支えています。首はそれだけでも重労働ですが、さらにパソコンに向かって前傾しますと、首はしっかりと固めてしまいます。時々、首を回しましょう。しかし口をつむんで黙ってするのではなく、「ウワァー」と言いながら行ってください。黙ってするより、はるかに効果が大きいことを実感します。それを左回し、右回しとやってみると、やはり5秒間ほどになります。

 これらの運動はたったの15秒間です。一日に10回ほどやっても、計2分30秒です。本当に最小限の運動ですが、現代人の生活に大きく役立つリフレッシュ体操です。「ほっこり3」と名付けたこの運動を、日本全国に広げたいと思っています。