Body-Talk Topics(トピックス)

Body-Talk Topics バックナンバー

[2010年4月]

テーマ/「ほおばると味わえない」_vol.16

 「良く噛みましょう」とは、一般に言われている言葉ですが、忙しい毎日の中では、そうそうゆっくりも噛んでいられませんね。でも、「一口30回以上」は、噛んでみようと試みました。ある時、どうせやるならと、私は60回噛むことにしました。すると、今までの食べ方が、いかに慌しく大雑把であるかということが分かりました。

 口いっぱいに食べ物を入れると、つい、ちょっと噛んだだけで飲み込んでしまいます。しっかり噛むためには、ほおばらないこと。口の中に余裕を持って食べ物を入れると、噛みやすくなります。そして、60回も噛むためには、口の中の食べ物に集中する必要があります。どんな味なのか、食感はどうか、味付けの具合はどうか、体が喜んでいるかどうか、等々。口中の内感に集中していますと、目をつむっていることが多いですね。テレビも音楽も邪魔になります。

 そこで、一つの心理に思い当たりました。噛む回数を目標にすると、長続きしない。集中して味わうということを楽しんでいると、結果的に良く噛んでいることになります。このことは人生の過ごし方にも言えることです。あれもこれもとやりたい放題をしていると、結局は一つも味わうことにならないのです。やりたいことの中から特別の一つを取り出して、そのことに集中し、じっくりと味わうこと。これが心と体を磨き、人生を充実させる秘訣なのです。